簡単ガイド トレー再利用で身近なエコ

トレーをまたトレーに、これこそまさにエコ

食品トレーや牛乳パックなどは、販売しているスーパーなどで無料回収しているの常識になっています。市町村などの自治体にゴミとして出すのではなく、この方法で処理している人も多いことでしょう。どちらを利用しても最終的にはリサイクルされる工場に行き着くのでしょうが、最近はこのトレー、またトレーに再生して使われているものが増えているようなのです。時にエコマークの付いたトレーをみたことがあるのではないでしょうか。これがその再生されて再びトレーとして戻ってきた製品のようです。再生するには、汚れなどの不純物が入ってしまったのでは難しくなることは想像できます。今では出前で取った器のように、きれいに洗って戻すように習慣づけけられているので、回収BOXを見てもみなきれいなものです。

リサイクルは、どこかひとつでもそのサイクルに協力しない所があれば成立しません。いくら立派な再生工場があっても、そこに戻ってくる品物が無ければ稼動できないのです。逆に回収だけしても再生工場が無ければ、単にゴミの山が増えるだけになってしまいます。品物を運搬する流通も大事な役目でしょう。そして最も重要なのが消費者の協力です。分別も汚れも落とさず、燃えるゴミとして出されてしまえば、リサイクルにはならないのです。それぞれの意識と行動と設備やお金があって、初めて成り立つのです。人がいなければ、他の動植物はまだまだ良い環境で暮らしていたかもしれません。自然から生かされていることを意識して、少しでも環境にやさしいことに協力したいものです。

Copyright (C)2017簡単ガイド トレー再利用で身近なエコ.All rights reserved.