簡単ガイド トレー再利用で身近なエコ

食品トレーの回収とリサイクルはエコにつながる

数年前、子供が学校から帰って来てから、学校で環境問題を学んだらしく、エコのために、リサイクルできるものは分別して、ゴミに出すように提案され、それ以来、我が家ではスーパーで回収できるもの、食品トレー・牛乳パック・空き缶などは、買い物の際に持っていき、回収ボックスに入れるようになりました。今や、そういったことを、行っているご家庭も、たくさん増えましたね。おかげで、市のゴミの日に出すゴミが、かなり我が家では減りました。今までは、使っていたゴミ袋が1つか2つ出していましたが、今ではゴミ袋1つでもいっぱいになりません。なので、ひとまわり小さなゴミ袋に変えました。おかげで、ゴミ袋代まで安くなりました。食品トレーは、かなりの嵩になりますからね。

食品トレーは、スーパーで回収された後、リサイクル工場に運ばれ、いくつもの工程を経て、リサイクル品に生まれ変わります。例えば、文房具品や、日用雑貨品、テーブルやベンチ、そしてまた、食品トレーに生まれ変わるものもあります。なかなか、これが食品トレーからリサイクルされた物と、気づかないですし、教えてもらっても、いまひとつピン!と来ないですよね。私が実際に見たことのある食品トレーのリサイクル品といえば、駅の茶色いベンチと、食品トレーです。駅のベンチは、リサイクル品と書かれている写真を見て、初めて気付きました。また、食品トレーは、食品トレー自体に、リサイクルマークが描かれているのを見て、気づきました。こういった、身近なところにも、リサイクル品があります。こういったエコから地球環境の改善につながるのだと思います。

Copyright (C)2017簡単ガイド トレー再利用で身近なエコ.All rights reserved.